仮想通貨のハードフォークとは?予定を知ることはできるのか?

仮想通貨は、基準となるルールにのっとって運用を行う仕組みを持っています。

しかし、運用を続けていくうちに改良が加えられていくのが仮想通貨の大きな特徴です。

今まで適用されていたルールと違う新しいルールが適用される場合、古いルールのにのっとって運用されていた仮想通貨には互換性がなくなります。

仮想通貨におけるハードフォークとは、新しいルールを持った仮想通貨が誕生することにより、古いルールで運用されている仮想通貨と新しいルールで運用されている仮想通貨の互換性がなくなることを指すのです。

また、互換性のなくなった古い仮想通貨は、そのまま運用を続けることができます。

ハードフォークを行った結果、古いルールの仮想通貨と新しいルール、2種類の仮想通貨が存在することになるのです。

そのため、ハードフォークは「仮想通貨の分裂」とも言われています。

この分裂により、今まで保有していた古いルールの仮想通貨の価値も半分になり、その分新しいルールの仮想通貨が追加されるのです。

ハードフォークは、仮想通貨を運用させる仕組みであるブロックチェーンをより良いものに改善させることができますが、ハードフォークが発生した場合、多数のリスクが生じます。

仮想通貨の紛失や、取引所での取引の停止、さらにそれらにともなう混乱や不信感です。

ハードフォークが発生した場合、互換性のない通貨が誕生するため、以前よりも決済に時間がかかったり、最悪の場合は不具合が生じて仮想通貨がなくなってしまうことがあります。

また、不具合と混乱を避けるため、ハードフォークの直前には取引の停止を行う取引所も多いです。

さらに、ハードフォークが行われる前には、少なからずハードフォークへの混乱や不信感が生じます。

混乱は市場に伝わり、仮想通貨の相場にも影響するのです。

有名なビットコインも、ハードフォークが行われる前には大きく価格を下げたことがありました。

さまざまな影響を及ぼすハードフォークですが、ハードフォークが行われる予兆をあらかじめ知っておけば、実際に行われる時にも落ち着いて対処することが可能です。

仮想通貨は全ての情報を開示して運用を行う仕組みのため、ハードフォークが行われる予定は、さまざまなところで知ることができます。

ルールに改良が加えられれば、変更や改良の情報がその都度開示されていくことを利用するのです。

また、これから改良を行う予定のルールも開示されています。

その新しいルールに、今までのルールと互換性がない箇所が見受けられれば、ハードフォークが行われる可能性があるのです。

互換性のないルールの変更が行われる度にハードフォークが発生するため、ハードフォーク自体には終わりがありません。

多くのハードフォークを繰り返してきたビットコインでも、まだハードフォークの予定は数回控えています。

それぞれビットコインが持っているシステムの向上を目的としたものであり、ビットコインの公式サイトで発表も行われました。

ルールの変更や改良の情報が常に更新されていくそれぞれの仮想通貨の公式サイトは、ハードフォークの予定を知る大きな手がかりとなるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です