マイニングで儲かりやすい仮想通貨とは?

2017年は仮想通貨元年とも呼ばれているように法整備も行われ、仮想通貨が日本においてもかなり身近な存在になってきたと言えるでしょう。

仮想通貨というと、株やFXなどのように取引によって利益を出す投機というイメージが最も強いでしょう。

また、ビックカメラではビットコインで商品決済が全店舗+ネットショップで可能となっていますし、モナコインなども実際に商品の決済に可能なので電子マネー的に使うものというイメージを持っている人もいるかもしれません。

もちろん、それらも仮想通貨の一面ではありますが、仮想通貨にはもう一つ代表的なものとして「マイニング」というものがあります。

マイニングとは、仮想通貨のキモであるブロックチェーンが不正されずに作られていくためのデータ処理や計算をP2Pで手伝ってくれた人にお礼としてまだ市場に出回っていない仮想通貨を受け取ることが出来るというものです。

何もないところから作業を行い仮想通貨を受け取るので採掘という意味でマイニングと呼ばれているのです。

 

このマイニングが2017年に大ブームを引き起こしました。

マイニングはパソコンで行うのですが、基本的には放置したままで良いので手軽にできるのもポイントです。

秋葉原のパーツショップではマイニングに重要なグラフィックボードが大量に購入され、マイニング向きとされているグラフィックボードが一時品薄になる事もあったほどです。

では、このマイニングは儲かるのかというと厳しいです。

と言うのも、マイニングはパソコンのグラフィックボードorCPUをフルに使う関係上消費電力が高く電気代が高くなってしまうのです。

マイニングは中国や電気代が安い外国のほうが圧倒的に有利と言われており、儲からないというよりはかなり工夫しないといけないということになります。

このマイニングですが、ほとんどの仮想通貨で一番最初に処理を行えた人が報酬を受け取ることが出来るので、参加者が多ければ多いほどマイニングに成功する可能性は低くなるということが分かるでしょう。

したがって、ビットコインのようなメジャーコインはかなり競争率が激しいということです。

マイニングで稼ぐためにはある程度マイナーな仮想通貨であることが必要になるということですが、マイナーといっても日本の取引所できちんと取引が行われているレベルじゃないと売ることが出来なければただのデータでしかありませんので注意です。

海外の取引所であれば扱っていたとしても、口座を開設するためにパスポートを用意したり英語で全て行わなければならないなどハードルは高いです。

では、マイニングで儲かりやすい仮想通貨はどれかというと、採掘難易度のdifficultyが低いアルトコインということになります。

参加者の変化によっても変わりますが、2017年現在ではXMR(モネロ)などが採掘効率がよくコインチェックで取扱されているので良いのではないでしょうか。

ASICという採掘専用機があるものは個人では難しいので、ASICがないライバルが少なそうなアルトコインを見つけることがマイニングでは何よりも重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です