仮想通貨に興味がある方必見! Zaifの特徴や仕組みなどを紹介

Zaif(ザイフ)とは2014年にテックビュ―ロ株式会社によって設立された仮想通貨取引所です。

日本円と仮想通貨の取引をメインに行っている他、仮想通貨同士の取引も可能な取引所です。

コイン積立やハードウェアウォレット販売など独自のサービスを幅広く展開しています。

さらにトークンエコノミーにエンターティメント性を加えた企画を試験的に実施するなど、ユーザーが楽しめるようなサービスにも力を入れています。

 

Zaifの最大の特徴と言えるのが「コイン積立」で、これはビットコインで定期預金の積み立てを可能としているシステムです。

銀行口座から毎月決まった金額を自動的に引き落とす仕組みとなっており、希望する金額を仮想通貨にして積み立てる事ができます。

仮想通貨の買い付けは自動で行ってくれるので、自分で取引所の注文を管理するなどの手間はありません。

尚、コイン積立はビットコインだけでなく、NEM(ネム)でもできるようになっています。

 

コイン積立では毎回手数料が掛かってくるので損をしているように感じてしまうユーザーもいるかもしれません。

しかし、その点においては十分に考えられており、手数料の問題に対する対策として「ログインボーナス」というものが設定されています。

ログインボーナスはコイン積立を利用しているユーザーに対して前の日の残高が一定のBTC以上あれば、ログインをしただけでボーナスを受け取る事ができます。

ボーナスを確実に受け取っておけばコイン積立の手数料分を補えるので、不安なく取引が続けられます。

 

Zaifでは5通貨(BTC、BCH、ETHなど)が取り扱われている他、Zaifを運営しているテックビューロによって発行されている独自の9トークン(ZAIF、XCPなど)の取引もできます。

尚、アルトコインについては、Zaifのみで取引可能なものが多く、他の人があまり利用していない通貨を持っていたい方やいろいろな通貨に投資してみたいという方には適していると言えるでしょう。

 

一方、Zaifで取引する際の手数料は、通貨の種類によって異なってきます。

ビットコインなどは取引する回数が多いほどキャッシュバック手数料が受け取れるようになっています。

ちなみにキャッシュバック手数料の受け取りを希望する場合は、Zaifで口座を作って本人と証明できる書類を提出する必要があるので注意しておきましょう。

 

またZaifの現物手数料については、他の取引所と比較した場合、安めに設定されており、初心者にも優しい仕組みになっていると言えます。

さらに過疎通貨販売所のコインチェックに対して、Zaifは取引所である事から、比較的リーズナブルな価格でアルトコインを購入できるという特徴もあります。

 

Zaifの入金手数料に関しては、ユーザーが振込手数料を負担する形となっています。入金手数料は入金額が3万円を境に異なっていて、3万円未満は486円、3万円以上は594円となっています。

Zaifはセキュリティーにも力を入れており、ほとんどの通貨をオフラインとなっている場所に保管、管理しているので、サイバー攻撃を受けるリスクが低い事も特徴です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です