coincheckの特徴・取扱通貨・手数料のまとめ

仮想通貨の取引に欠かせない取引所は日本国内にもいくつかありますが、その中でも人気が高いのが「coincheck(コインチェック)」です。

コインチェック株式会社が運営するcoincheckは2014年から運営が開始され、国内ではbitFlyer(ビットフライヤー)やザイフ(Zaif)と並んで最大手の取引所となっています。

 

coincheckの特徴としては、扱っている通貨の数が日本国内の取引所の中では非常に多いということがありますが、他にも様々な取り組みが行われています。

まず、ビットコインでチャージ可能なVisaプリペイドカード「バンドルカード」を利用することが出来るというものです。このカードを所有していれば、VISAの加盟店でクレジットカードと同じ様に決済することが可能となります。

ビットコインで決済が可能な店舗はまだまだ少ないですが、バンドルカードを使用することでクレジットカードが利用可能なほとんどの店舗でビットコインが使えるようになるとも言えるでしょう。

 

他にも、coincheckでんきという電気代をビットコインで支払うことができたり、利用料金に応じてビットコインの付与が受けられる電力サービスがあります。

もちろん、肝心の取引においても、元々コインチェック株式会社は前身はレジュプレス株式会社というwebメディアを運営していた会社なので非常に使いやすいサイトであることが言えます。

仮想通貨はアプリで利用している方も多いですが、アプリが非常に使いやすいと非常に高い評価を得ているのも特徴です。アプリであればQRコードで簡単に実店舗での支払いも可能となっています。

 

仮想通貨の取引は怖いという場合にもcoincheckは有効で、coincheckに仮想通貨を貸して手数料を貰う「定期預入サービス」などもあるので、預貯金のように使うことが可能です。

また、セキュリティアップにも力を入れていて、初めての二段階認証でsatoshiをプレゼントするキャンペーンなども開催しています。

さらに、coincheckでは大半の通貨をコールドウォレットに保管して管理していることからハッキングにより奪われてしまうリスクも低いのが特徴です。

 

coincheckで取り扱っている通貨の種類ですが、全部で以下の13通貨(BTC、BCH、ETH、ETC、LSK、FCT、XMR、REP、XRP、ZEC、XEM、LTC、DASH)です。国内の取引所の中では圧倒的に種類が多く、アルトコインを中心に取引を行いたいと考えている場合にはcoincheckに登録しないと取引出来る通貨種類が大幅に制限されてしまうでしょう。

coincheckの手数料ですが、ビットコイン取引所におけるTaker手数料とMaker手数料は共に0.000%と無料です。

送金手数料は、ビットコインの場合0.002BTC、ビットコインキャッシュの場合0.001BCH、イーサリアムの場合0.01ETHなど仮想通貨の種類によって異なります。

また、coincheckのユーザー同士の場合であれば送金手数料は全て無料です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です