bitFlyerの特徴・取扱通貨・手数料をまとめました

仮想通貨を取引するためには取引所への登録が必要ですが、日本で最もビットコインの取引量が多い取引所となっているのがbitFlyer(ビットフライヤー)です。

国内では老舗となる2014年に始まったこのbitFlyerの特徴や、扱っている仮想通貨の種類、手数料などを紹介していきます。

bitFlyerの特徴としては、安全性が高く取り扱い量日本一なので流動性が高いということが挙げられます。

流動性が高いということは、買値と売値の差額のスプレッドが小さいということを意味しているので、これから仮想通貨の取り引きを始めたいという方にはとても重要なポイントでしょう。

安全性に関しては、国内の仮想通貨取引所で唯一となる盗難補償サービスがあり最大500万円まで不正ログインによる盗難が保障されます。

FXサービスも行っており、最大レバレッジは15倍です。

 

また、bitFlyerは取引だけではなくサービスの利用でビットコインがもらえるという仕組みがあります。

ビットコインがもらえるサービスは非常に多彩で、様々な商品の購入や会員登録、旅行の予約などを利用することで利用内容に応じたビットコインが貰えるのです。

普段のネットショッピングなどがbitFlyerを経由するだけで非常にお得に利用できるということになります。

 

他にもアフィリエイトで稼げるのもbitFlyerの特徴です。

bitFlyerに登録するとメニューにアフィリエイトの項目があるので、このページの中にある自身のアフィリエイト紹介リンクをブログやメール、SNSなどに設置しそのリンクを経由しbitFlyerに登録すると条件到達に応じて日本円で報酬を受け取ることが可能です。

アフィリエイトやサイト利用の報酬で取引を行えば元手がゼロからでも仮想通貨の取引が開始できるということになります。

 

bitFlyerで取り扱っている通貨の種類ですが、6通貨(BTC、BCH、ETH、ETC、LTC、MONA)となっています。

ビットコインは販売所と取引所がありますが、その他5種のアルトコインに関しては販売所のみです。

ビットコインの取引所は、ビットコインを日本円orビットコインキャッシュorイーサリアムで売買することが可能です。

 

手数料は、販売所に関しては全ての仮想通貨で売買手数料は無料となっています。

取引所は、ビットコインと日本円は売買手数料0.01%~0.15%、ビットコインとビットコインキャッシュの場合0.20%、ビットコインとイーサリアムの場合0.20%と定められています。

ビットコインの手数料に差があるのは、取引量が多いほど安くなる仕組みが採用されているからです。

 

仮想通貨の送金手数料は、ビットコインの有料で0.0004BTCが基本ですが、ビットコインネットワークの混雑回避のため2017年12月25日から一時的に0.0015BTCに改定されています。

優先度を高めるための追加手数料は最大で0.0005BTCから0.0020BTCに改定されています。

その他のアルトコインは送金手数料無料です。

日本円出金手数料は、三井住友銀行が利用銀行であれば3万円未満なら216円、3万円以上が432円となり、その他の銀行は3万円未満ならば540円、3万円以上ならば756円となっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です