仮想通貨の「分散合意形成アルゴリズム」のそれぞれの特徴

仮想通貨は元々、決済や送金システムを使う電子マネーとして始まりましたが、やがてインターネットを通じて物品やサービスの対価に使用できるようになり、取引所を介して世界中の通貨と交換が可能になりました。

これにより海外送金の低コスト化が実現し、価値も変動する為、世界中で利用者が急増しています。

中には実体がないので信用できないと敬遠している人達もいます。

事実、仮想通貨が採用している分散型のネットワークは、物事一つ決めるにもまとまりがつかず、合意形成が困難になる事が多々ありました。

例えば悪意ある監視者が3分の1も集まれば、正しい判断ができなくなってしまうのです。

この課題を克服して常に合意形成を満たすために、仮想通貨の「分散合意形成アルゴリズム」にはブロックチェーンやマイニングのような革新的な仕組みが確立されました。

 

仮想通貨には中央銀行のような権力の中枢が存在しないので、通貨を発行・流通を運営する組織がありません。

取引の履歴は一定期間毎にブロック(台帳)として世界中に分散され、金融機関を介する事なくユーザー同士で管理しています。

ブロックの情報の内、皆で不正を監視できるよう時系列は誰でも確認できますが、具体的な取引内容は暗号化されています。

暗号の中には特別な数字が含まれており、それを見つけ出す事で整合性を取る事ができます。

それによりブロック同士が鎖で結ばれるように連なっていくのです。

これをブロックチェーンと言います。

そして暗号化されたブロック内の取引の検証と承認を行う事をマイニングと言います。

この承認作業は有志が膨大かつ正確な計算を行っていますが、成功報酬として仮想通貨が新規発行されて支払われるのです。

いわば承認作業という採掘道具で、早い者勝ちで金を掘り起こしているようなものなので、マイニングは採掘という意味を持っています。

 

このようなマイニングの仕事が多い程恩恵を受けられる仕組みは、PoW(Power of Work)と呼ばれています。

マイニングには高性能の計算能力を持ったコンピューターと高い電気代が必要になるため、資金力がなければ参加困難なのが実情です。

また現実の金脈と同様に仮想通貨の採掘も有限であり、全て掘り尽くしてしまうと新通貨の発行はなくなってしまいます。

そうなるとマイニングの報酬は手数料しか入らなくなり、承認作業から手を引く人が続出する事が予想されます。

結果、マイニングの難度を下げざるを得なくなり、将来的に外部からの攻撃に弱くなるのではないかと懸念されています。

 

PoW以外にはPoI(Proof of Importance)という取引検証方式があります。

PoIではマイニングは収穫を意味するハーベスティングと呼ばれていますが、普通のPCで承認作業を行う事ができるので、参加できる人が多いのが特徴です。

但し、その報酬を溜め込むだけでは通貨を増やす事はできません。

報酬額を決定する上で、通貨本来の価値を決定づける流通量を確保するために、取引量・頻度といった利用度を重要視しているからです。

 

他にはPoC(Proof of Consensus)と呼ばれる承認作業があります。

こちらは発行主体が認めた機関だけが承認作業を行えます。

分散型ネットワークにしては、一部に権力が集中していると非難されがちですが、少数だからこそ承認スピードが速く、国際的に信頼されている企業・組織が認定されているので安心感があります。

 

このように様々な特性を持つ分散合意形成アルゴリズム。低コストで旨味があり、データ改ざん実質不可能なセキュリティ管理を極めるべく、今なお進化を続け、新しい仕組みを生み出しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です