将来性のあるトークンおすすめTOP4

仮想通貨と類似している金融商品の一つに、トークンがあります。ビットコインのブロックチェーン上で発行された独自コインを指し、発行元で独自に工夫を重ねることで価値が出てきた金融商品です。

ビットコインをはじめとした仮想通貨はカレンシータイプと呼ばれる物で、コンピュータで採掘が可能なところが特徴の一つといえます。対してアセットタイプと呼ばれるトークンの数々は、発行者が存在しているタイプで、発行者の創意工夫によって価値が変動することが特徴です。発行者を株式会社、発行されたトークンを株式とすると、価値が変動することはわかりやすいでしょう。

日本では投資家やクリエイターたちが次々と独自のトークンを発行し、市場を形成しつつあります。クリエイターのファンサービスとしてプレゼントや販売を行い、クリエイターの価値によってトークンの価値も変動する形です。

ZAIFでは、仮想通貨のほかに多くのトークン売買を手掛けており、売買がスムーズに行えるようになっています。仮想通貨の乱高下よりも穏やかな値動きとなっていることや、仮想通貨のように急激な伸びを見せるとして期待されている為、現在購入者があとを絶ちません。

今から買いたい人向けに、将来が期待できるトークンのランキングをご紹介します。

 

1.XCP

将来が期待できるトークンNo.1として挙げられているのは、カウンターパーティーの基軸通貨として利用されているXCPでしょう。カウンターパーティーとは、ビットコインのブロックチェーン上に間借りして展開されている、オープンソースの金融商品です。分散型取引所や独自通貨発行機能がついており、保有している人が独自の仮想通貨、つまりトークンを作って売買しても良いということになります。XCPは世界に約260万存在し、それ以上は存在していません。XCPを消費してトークンを発行することになり、自分の作ったトークンを世界に売買できるようになります。安定性が高く、利用者も多いことから高騰が期待されるトークンといえるでしょう。

 

2.COMSA

ZAIFを運営する企業が資金を集めて発行しているCOMSAも、信頼性が高いトークンとして海外を中心に人気です。ICOを購入する為に作られたトークンで、企業が株式を発行するように仮想通貨を発行することで、資金を集められることをICOといいます。事前登録した人のみが手に入れることができた通貨で、全ての人が購入を済ませると自動的に発行を終了しました。数多くの企業がICOをするために作られた物で、取引所で売買されることによって企業のICOに参加できるための金融商品といえます。現在は取引所で発行されており、上手に活用する事で価格が上昇すると見込まれていますが、仮想通貨でしか買えない為、買うときには注意しましょう。

一見ICOを行いたい人向けですが、利用者が多く、優位性を期待できるトークンといわれています。

 

3.ペペキャッシュ

海外巨大掲示板から誕生したペペキャッシュは、大型巨大掲示板を中心に人気が安定しており、利用者も少なくありません。海外巨大掲示板の利用者がいる限り、ペペキャッシュの価値も安定しているといえます。

 

4.ビットクリスタル

アーケードとスマートフォンでできるゲーム内と現実の通貨として、独自のサービスを見せるビットクリスタルは、独自のサービスを提供していることから注目度が高いです。バックボーンがしっかりしていること、将来性が期待できると考える発行者によって発行されたトークンには注目が集まり、結果として価値の上昇が期待されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です