ハードフォークした仮想通貨を受け取るには

近年、仮想通貨の取引を行っている人が多くなってきていますが、仮想通貨においてたびたび行われるのがハードフォークというものです。

まだ仮想通貨の取引を始めたばかりの方やこれから始めてみようという方の中には、ハードフォークがどのようなものなのかわからないという方もいらっしゃるでしょう。

 

ハードフォークとは今ある仮想通貨が2つ以上に分岐し、新コインと元のコインを別物として扱うようになることを言います。

仮想通貨と言えばビットコインが有名ですが、ビットコインもハードフォークで分裂したことがあります。

2017年8月にハードフォークによってビットコインキャッシュが誕生しました。

ハードフォークが行われた場合どうなるのかですが、ビットコインキャッシュの際はビットコイン保有者は保有するビットコインと同数のビットコインキャッシュを受け取る事が出来ました。

分裂してしまうことで保有していた仮想通貨が消えてしまうのではないかと不安に思う方もいるかもしれませんが、ブロックチェーン上に保有情報が載っていますし、ブロックチェーン自体が消えることはありませんので安心して大丈夫です。

 

ハードフォークが行われた際、ビットコインキャッシュの場合はビットコイン保有者が受け取ることが出来ましたが、これはあくまでも国内取引所の場合です。

全ての仮想通貨で同じかというとそうではありません。

取引所によっては新しいコインに対応しないこともありますので、そういった場合には受け取る方法を考えなければなりません。

 

ハードフォークされた仮想通貨の受取方法ですが、一番確実なのは自身で秘密鍵を保持するタイプのウォレットを用意することです。

しかし、これは初心者の方には難しいでしょう。

したがって、取引所が対応しているかどうかというのが重要になります。

取引所の判断となると利用者は何もすることが出来ません。

そこで、ハードフォークに備えて海外取引所のBinanceの利用をおすすめします。

 

Binanceは香港の仮想通貨取引所で2017年7月に設立した新しい取引所ですが、1日の取引高が世界ベスト5に入るほど急成長しています。

Binanceは100種類以上の仮想通貨を取り扱っているだけではなく、全ての仮想通貨の取引手数料が0.1%のため、これだけ人気が高まっていると考えられます。

なぜハードフォークに備えるためにBinanceが良いのかというと、Binanceは今後の予定としてハードフォークコインは全て対応する予定と公式ツイッターで発表しているからです。

したがって、Binanceにビットコインを送金しておけば、ハードフォークコインを受け取ることが出来るということになります。

 

Binanceは海外の取引所ということで少し不安に感じるという方もいることでしょう。

もちろん100%安全な取引所はありませんが、Binanceは取引高も多くセキュリティもしっかりしているので、比較的安心できる取引所であることは間違いありません。

英語が苦手という方でもBinanceは日本語対応しているため、安心です。

日本に支社を作る予定もありますので、ハードフォークコイン対策には欠かせない存在となるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です