購入するなら今がチャンス?海外取引所で買えるアルトコイン

ビットコインに代表される仮想通貨の市場は2017年に大変な盛り上がりを見せました。

ビットコインは1月の最低値と比較して、12月の最高値は20倍以上という値上がりを見せています。

アルトコインの中でも有名なリップルは1年で200倍以上になりました。

2017年にはこれだけ値上がりしたのだから、2018年にはあまり期待できないと考える人もいます。

しかし、2017年1月の時点ではすでにビットコインはバブルであり、暴落するという予想もありました。

その予想に反してビットコインの価値は大きく上昇したので、2018年にも同じことが起きる可能性があります。

 

すでにそれなりの知名度を得ているビットコインよりも、2018年に注目するべきなのはアルトコインのほうではないでしょうか。

現在日本で購入ができるアルトコインは、イーサリアムやリップルなどの時価総額ランキングが高いものに限られています。

海外の仮想通貨取引所では100種類以上の仮想通貨が扱われているところもあるのに、日本の取引所で扱われている仮想通貨の種類はとても少ないです。

2018年には日本の仮想通貨取引所も海外の影響を受けて、扱い仮想通貨の種類を増やす可能性があります。

日本で上場されたら価値を大きく上昇させる可能性が高い仮想通貨はたくさんあります。

しかし、日本に上場された後になってから購入をしてもすでに価値がかなり上昇してしまっている可能性が高いです。

今のうちに海外の仮想通貨取引所でアカウント開設をして日本で上場される可能性が高いアルトコインを購入しておくことで、先手を取ることができるでしょう。

今のうちに購入しておきたいおすすめのアルトコインのうちの1つがTRONです。

TRONの創始者がツイッターで「日本に上場する準備をしている」という内容のつぶやきをしたことで、日本に上場される可能性が高いと話題になっています。

どこの取引所に上場されるなどということは具体的には明らかにされておらず、まだ不透明な点も多いですが、2018年に期待できるアルトコインの1つでしょう。

他には、OmiseGOというアルトコインは創業者が日本人であり、東南アジアでモバイル決済のサービスを提供することがプランされているので期待ができます。

TRONやOmiseGOはもしも日本に上場されなかったとしても将来性があるアルトコインなのでおすすめです。

 

まだ確定情報ではないものの、日本の大手取引所であるビットフライヤーが2017年10月24日に分裂したビットコインゴールドの取引サービスを提供する予定であるという声明を出しています。

ビットコインゴールドの安全性などに問題がないと判断されれば取引サービスが提供されるでしょう。

2017年8月1日に分裂をしたビットコインキャッシュは順調に価値が上昇しており、ビットコインゴールドのほうにも期待が持てます。

ビットコインゴールドの海外取引所での価値はビットコインキャッシュよりもかなり低いので、今のうちに購入しておけば資産を何倍にもできる可能性があります。

ただし、ビットコインはバブルという意見もあり、リスクも高いということは理解をした上で投資をしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です