注目の草コインをご紹介!チャンスを逃さない

ビットコインが始まったころは、夢物語のようなシステムに多くの投資家がリスクを感じ、購入をためらったことでしょう。

こんなもの、世界に広まるわけがないと思って、鼻で笑っていた人もいたかもしれません。

それが、今や社会現象になり、億を稼ぐことから「億りびと」なんて呼び名が産まれたりしています。

話題を集めた今になって飛びついても、時すでに遅し、という風潮です。

 

仮想通貨は、ビットコインだけではありません。ほかの草コインを狙えばいいのです。

ちなみに、草コインという名前の由来は、2chなどで笑う時によく使われる記号です。

「草生える」という意味でwwwと文末に付けたりします。

つまり、笑えるコイン、という意味なのです。そのくらい馬鹿げて感じられる、どうしようもないコイン、という意味が込められています。

しかし、そんな草コインの中にとんでもない成功の可能性を秘めたものがあると見込んで、売買に踏み切る人もいます。

 

それでは、2018年に有名になるかもしれない、仮想通貨投資家に人気の草コインをご紹介しましょう。

まずは、通貨単位TRXのTRON(トロン)です。

TRONは大規模音楽ストリーミングサービスとの互換性が期待されており、将来、第二のビットコインになる可能性もあります。

注目したいのは、ビットコインキャッシュに尽力したジハン・ウー氏がかかわっている、という点です。

しかし、残念な点もあります。

2018年、すでに、高騰は始まってしまっているのです。

どうせ草コインを狙うなら、ロマンを追求したい方も多いでしょう。

 

そう考えたときに、気になってくるのがVerge(ヴァ-ジ)です。

送金した相手がバレない匿名性が人気の仮想通貨で、こちらも、じわじわと価格上昇も始まっていて今後もっと高騰することが予想されています。

また、目玉となるアップデート、レイス・プロトコルも控えており、その時期に価格が大きく変動すると言ううわさもあります。

ある程度、無理をしても夢を託したい、そんな気持ちが芽生える仮想通貨です。

こちらは、有名取引所BINANCE(バイナンス)で購入できます。

 

さらに、SHIELD(シールド)も見逃せません。

通貨単位はXSHです。大きな特徴はありませんが、バランスが良く、草コイン、なんて呼ぶのが失礼にさえ感じる通貨です。

その性能について知るほどに将来性を感じる通貨で、億りびとへの夢を託す人もいます。

ちなみに、SHIELDは先ほどのVergeから分裂した仮想通貨です。

購入できるのは、Stocks.Exchangeです。BINANCEでは購入できませんので、ご注意ください。

 

また、BGNと表記されるBytecoin(バイトコイン)も匿名性があり、認証時間も早く注目の草コインです。

優れたアルゴリズムを使っているので、省電力でマイニングできる点も魅力です。

他にも、ハッキングに強い、という強みがあります。

一時がくんと価格が下がりましたが、その後、徐々に上昇し始めています。

 

今回は4つの仮想通貨をご紹介しましたが、他にも人気が出そうな草コインはたくさんあります。

周りの人に笑われても、自分の勘を信じて突き進める人は、失敗することももちろんありますが、成功する時は他人と大きな差をつけられます。

草コインにチャンスがあると信じて、今後も注目していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です